ミニセグウェイを選ぶ際の注意点3つ!見逃せない安全性と保証

ミニセグウェイ選び方

今回の記事では、ミニセグウェイ選びに必要となる基礎知識をご紹介していきたいと思います。
たった3つのポイントではありますが、中国製が大半のミニセグウェイにおいては、この3点が非常に重要!

なぜ選び方に気をつける必要があるの?

ミニセグウェイといえど、数多くのメーカーから、似たような機能性を持った商品が多数発売されています。
ただ、一つ頭に入れておいて頂きたいことが一つあります。

ことミニセグウェイに関しては、大半が中国メーカーという事実。

私が今回、ミニセグウェイの選び方という記事をまとめているのも、こういった背景からです。

ソニーやパナソニックといった、信頼できるメーカーが作っているのであれば、どれか好きなものを選べば良いと思いますが、中国メーカー製のものしかない現状ですので、安全性という意味で安心できるブランドのミニセグウェイを選ぶ必要があると思っています。

ミニセグウェイという性質上、ちょっとしたおもちゃでしょ?と考える方もいます。

しかし、重量は意外と重く、速度も15km前後と速いため、万が一人と衝突した場合、衝撃はそれなりのものになります。
万が一の暴走やバッテリーの爆発事故等、様々なリスクを考慮すると、きちんとした生産体制・品質管理の整ったメーカーのものを買うべきだと思っています。

そこで、今回は、特に見逃したくないポイントをご紹介していきますので、参考にしてみてください。

1. PSEマークの有無(電気用品安全法適合性検査)

バッテリー充電時の炎上事故やバッテリーの発火事故などの危険を避ける為にも、PSE認証という電気用品安全法という基準に適合した商品であるという認証を取得しているかどうか。

一部の中国メーカー商品の場合や海外向けに製造されている家電商品を個人輸入・並行輸入したようなものの場合、大抵、PSEマークはついていません。

2. 過充電防止機能の有無

SamsungのGalaxy Noteの爆発事故で、バッテリーの炎上・爆発リスクというものに対する認知度が高まったのは記憶に新しいと思います。
中国製・韓国製のバッテリー等に関しては、やはり安心して使えないという心情があると思います。

そこで、一部メーカーでは、過充電防止装置というものを搭載しているので、そういったメーカーのものを選ぶと、間違いなく安心です。

3. メーカー保証の有無

やはり、メーカー保証・無償修理のついているメーカーのものが安心。

これは安全性とかメーカーの自信の現れがどうのとかってことではなく、日本製と比較して発生率の高い初期不良に対応してもらう為。

冒頭でも書いたとおり、ミニセグウェイ市場においては中国メーカーが大半です。というか9割以上がそうだと思います。

そんな市場ですから、ミニセグウェイの製品の品質レベルでは日本製には及びません。
初期不良の発生率も日本製のそれと比較して、圧倒的に高いはずです。

それでいながら、安いものでも3万円以上するのがミニセグウェイですので、初期不良品にあたったときでもきちんと無償交換してもらえるというのは最低限必要かと思います。

3万円が初期不良で水の泡となってしまっては、笑えません。
初期不良に対応するためにも、必ずメーカー保証のついたものをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)