KINTONEスタンダードモデルのスペック・詳細まとめ

KINTONEスタンダードモデル

KINTONEスタンダードモデルとは?

KINTONEスタンダードモデルは、体重移動するだけの直感的な操作で、前後左右、自由自在に移動できるバランススクーターです。
シンプルながらも、近未来を彷彿とさせる洗練されたデザインで、移動手段としても、また、ホビーやレジャーとしても、新感覚の体験を提案しています。
プライス、コンセプト共に、ミニセグウェイとは一線を画す、キントーンならではの新たなワールドスタンダードとなり得るさまざまな要素に注目が集まっています。

KINTONEスタンダードモデルの特徴

KINTONEのフットペダルには溝が設けられており、靴がフィットして滑りにくく、体重移動のコントロールを、確実にセンサーに伝えることができます。
走行時には、フロント部のLEDヘッドライトが点灯するため、足元を明るく照らしてくれるだけではなく、間違いなくセンサーが反応したことを確認できるのも、大きな特徴です。
また、KINTONE公式通販サイトでは、購入特典として専用キャリングケースが付いてくるので、届けられてすぐに持ち運んで使用できるのも、嬉しいところです。

走行性能について

KINTONEスタンダードモデルの走行可能距離は、内蔵バッテリーがフル充電の状態かつ、路面状況が良好の場合で約20kmと、驚異的な長時間駆動を実現しています。
最高時速は10kmで、平均的な大人が、軽くジョギングするよりも、やや速い程度の速度です。
登坂力は18度から25度で、ちょっとした上り坂であれば、平気で登って行けるので、このボディにどれほどのパワーが秘められているのか、驚かされること間違いありません。

バッテリーについて

KINTONEスタンダードモデルの内蔵バッテリーには、安全性とエネルギー効率の高いリチウムイオンバッテリーを採用しています。
4,400mAhの大容量で、1回の充電で最大20kmもの走行が可能です。
これだけの能力を持ちながらも、充電時間は、約1時間から2時間程度で完了する高速充電が可能です。
500回以上の充電、放電が可能なハイクオリティなバッテリーで、長期間にわたり、繰り返し使用することができます。

安全性と保証について

KINTONEスタンダードモデルは、世界でも最高クラスの厳しい基準により、日本国内の家電製品の感電や火災から消費者を守るための安全規格であるPSEマークを取得しています。
専門の検査機関による検査をクリアした過充電防止機能により、充電時の発火の危険性の無い、安全性の高い商品であることが、認められています。
また、公式通販サイトの購入特典として、半年間の無料修理保証の付いた、メーカー修理保証書が発行されるので、安心して購入、使用することができます。

KINTONEスタンダードモデルと他モデルのスペック比較

KINTONEスタンダードモデルと他のミニセグウェイとのスペックや特徴を比較していきたいと思います。

オフロードモデルとの比較

KINTONEオフロードモデルの走行可能距離は、満タン充電で約20kmとされています。 時速約10kmで走行することができ、登坂能力も高いのが特徴となっています。
また、ある程度の不整地でも問題なく走行ができるようタイヤが大型化されており、従来のモデルと比べてより走行ツールとしての利便性が上がり、アクティビティにも幅広く対応しているという特徴を持ちます。
価格は税込み59800円で、公式通販で購入できます。

クラシックモデルとの比較

KINTONEクラシックモデルの走行可能距離は、約20kmとなっています。 こちらも最高時速は10kmと設定されており、登坂能力は大型タイヤのオフロードモデルと比べてやや劣りますが、それでもある程度の坂であれば問題なく走行することができます。
長い距離坂を走り続けていると、バッテリーの消耗が大きくなるのはオフロードモデルと同じです。
価格は税込み48900円となっており、オフロードモデルと比べて安価に設定されています。

Balance Scooterとの比較

Balance Scooterは、1回の満タン充電での走行可能距離は約15kmとされており、KINTONEと比べてやや行動可能距離は短くなります。
一方で、最高時速は約11.5kmと、多少速く走行することが可能で、より自転車の速度に近い感覚で走行することができます。 登坂能力はKINTONEのクラシックモデルと同等程度の能力とされています。
防水機能は基本的に搭載されておらず、価格は税込み34800円と安価に設定されています。

Chic-Smart D1との比較

Chic-Smart D1は、走行可能距離は約10kmとなっており、最高速度は時速約10kmと、航続性能を除けばほぼKINTONEと同等な性能をもっています。
登坂能力は、タイヤの大きさの関係でオフロードモデルよりは低いとされており、クラシックモデルと同等となっています。防水機能は基本的についておらず、価格は税込みで29800円とリーズナブルという特徴をもちます。
また、1年の保証がつくという特徴ももっています。

ドリフトシリーズN5との比較

ドリフトシリーズN5の走行可能距離は約20kmとなっており、最高速度は時速約15kmと高速で走行することが可能となっています。
登坂能力はクラシックモデルと同等レベルとなっており、基本的に防水機能はついていません。
価格は税込み55000円と設定されており、3モデルあるうちの最安値は55000円で、ラージサイズの場合は60000円となっています。
ボードの中に音楽機能が備わっており、端末と繋げて音楽を聴くことができるという特徴があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)