KINTONEオフロードモデルの特徴と他モデル比較

キントーンオフロードモデル

KINTONEオフロードモデルについて、詳細をご紹介していきたいと思います!
KINTONEシリーズとの比較や他ブランドの人気バランススクーターとの比較も行っていますので、KINTONEオフロードモデルを検討中の方は、購入前に読んで頂けると後悔ない買い物ができると思いますよ♪

KINTONEオフロードモデルの概要

ミニセグウェイとして注目されているバランススクーターのKINTONEは、スリムなデザインの2輪タイプの乗り物で、現代の新しい移動ツールのひとつとして開発、販売されています。

そのキントーンのモデルはスタンダードが中心となっていましたが、昨今オフロードモデルも展開し始め、走れる場所を選ばなくなり、基本的に舗装された整地のみ走行が可能であったスタンダードモデルと比べて、より移動ツールとして便利なものになりました。

KINTONE オフロードモデルのキャンペーン情報

 特徴

バランススクーターという新しい移動ツールであるKINTONEのオフロードモデルの特徴として、まずステップが広いことが挙げられます。そのため大きいサイズの足のユーザーでもより安定して乗ることができるようになりました。

また、極太タイヤを採用したことで不整地でも走行が可能となり、4400mAhの大容量バッテリーの採用によって総走行距離も増加し、スタンダードモデルの純粋なアップグレードモデルとして人気となっています。

走行性能について

アクティビティや移動ツールとして便利なKINTONEの走行可能距離は、1回の充電で約20キロ走行することが可能となっており、行動半径は約10キロと、小さなボディにもかかわらず遠くまで移動することが可能です。

最高時速は約15キロで、人が歩く速度の約2倍の速度で走行することができ、登坂力も緩やかな坂であれば問題なく進むことができる能力をもっています。

一方で、坂が長く続く道を長時間走った場合は、バッテリーの消耗は大きくなります。

バッテリーについて

KINTONEオフロードモデルの走行可能距離は1回の充電で最大20km走ることが可能で、その航続距離を実現しているリチウムイオン電池は、500回以上の充電が可能となっており、充電時間は約1時間30分から2時間程度とされています。

電池の容量は4,400mAhとなっており、過充電防止装置が組み込まれているため、長時間コンセントと接続し続けていても発火などの危険性はなく、安全性に対しても考慮されている設計となっています。

安全性と保証について

一般的なミニセグウェイやバランススクーターと異なり、KINTONEブランドを購入するメリットは、メーカー修理保証がしっかりとついてくることが挙げられます。
これは、KINTONEスタンダードモデルでもKINTONEオフロードモデルでも同様の保証内容となっています。

国内修理保証書が発行され、半年間メーカー保証にて修理を依頼することができます。

一方で、このサービスの対象となるのは、正規品に限るため、安価な偽物には注意しましょう。

また、KINTONEシリーズに採用されているリチウムイオン電池には過充電防止機能が備わっており、発火の危険性は無く、良好な電池であることの証明となっているPSEマークも取得しているため、安心して使用することができます。

他の人気ミニセグウェイとの比較

Kintoneの他モデルや他メーカーのミニセグウェイ・バランススクーターとのスペック比較や特徴の比較をしてみたいと思います。
果たして、どのミニセグウェイがあなたにはピッタリ?

KINTONE以外にも様々なブランド・メーカーのミニセグウェイ・バランススクーターがあります。

KINTONE スタンダードモデルとの比較

セグウェイから、アウトドアシーンでも楽しめるKINTONEオフロードモデルが登場しました。特徴は何と言っても太いタイヤにあります。スタンダードモデルでは、路面状況が整備されている場合でないと乗ることが出来なかったのですが、オフロードモデルでは土の上や砂利道、芝生などでも楽しむことが可能となりました。

タイヤの外径が大きくなったことに加え、重量も増えていますが全体的にパワーアップしており登坂などにも対応しています。

従来の道であれば、最高時速はスタンダードモデルの10kmから15kmに変更されています。走行可能距離は従来通り20kmとなっており、価格は1万円ほど高めに設定されています。

KINTONE クラシックモデルとの比較

KINTONEの初代スタンダードモデルを連想させるような佇まいのクラッシックモデルは、機能性においては現行のスタンダードモデルと変わらないと言えるでしょう。

最高速度は時速10kmとオフロードモデルの時速15kmには及びません。
走行可能距離は最大で20kmという点は変わりません。
登坂力も、スタンダードモデルと同様傾斜18~25度程度と見込まれています。

標準価格も同じに設定されているため、KINTONEクラッシックを希望するというユーザーは、そのシンプルなデザインに魅了されている人が多いでしょう。

Balance Scooterとの比較

セグウェイによく似たタイプで、Balance Scooterという商品もあります。価格がセグウェイスタンダードモデルより少し安価に設定されていますが、最大の特徴は最新機種はバッテリー交換が可能ということです。
走行可能距離はセグウェイよりも短めで、12~14kmほど、時速は同じくらいの速度が出ます。登坂力も同等の傾斜25度まで可能であり、子どもから大人まで楽しむことが可能です、防水背に関して出るが、保証は水没させた場合は不可となっているため、期待しない方がいいと言えます。

Chic-Smart D1との比較

とにかくお値打ちにミニセグウェイを手に入れたいという人であれば、Chic-Smart D1を選ぶことも一つの選択肢でしょう。その最大の魅力は価格です。KINTONEのミニセグウェイと比較しても、2万円ほど安く購入することができます。ただし性能は少し控え目になっており、走行可能距離は10km、防水などはなく保証期間も短いです。ただし時速や登坂力などはあまり大差がないため、安価に試したいということであればオススメです。

ドリフトシリーズN5との比較

中国製品でいろいろな機能が搭載されたミニセグウェイもあります。

それがドリフトシリーズN5です。

走行可能距離は20kmでKINTONEと同じです。最大スピードは時速15kmまで出せるので、少し大人向けとも言えます。防水機能はなく、登坂力は問題なしですが、それに加えた機能もあります。スピーカー内臓となっているため、ライディングを楽しみながら音楽を聴くことも可能です。また、アプリによりLEDカラーを変更したり、スピードの制限やチャイルドモードにもすることが出来ます。価格はKINTONEより高めに設定されています。

KINTONEオフロードモデルと他モデルのスペック比較

スタンダードモデルとの比較

セグウェイから、アウトドアシーンでも楽しめるKINTONEオフロードモデルが登場しました。特徴は何と言っても太いタイヤにあります。スタンダードモデルでは、路面状況が整備されている場合でないと乗ることが出来なかったのですが、オフロードモデルでは土の上や砂利道、芝生などでも楽しむことが可能となりました。
タイヤの外径が大きくなったことに加え、重量も増えています。全体的にパワーアップしており登坂などにも対応しています。従来の道であれば、最高時速はスタンダードモデルの10kmから15kmに変更されています。走行可能距離は従来通り20kmとなっており、価格は1万円ほど高めに設定されています。

クラシックモデルとの比較

初代スタンダードモデルを連想させるような佇まいのクラッシックモデルは、機能性においては現行のスタンダードモデルと変わらないと言えるでしょう。最高速度は同じで時速10km、走行可能距離も最大で20kmという点は変わりません。登坂力も、スタンダードモデルと同様傾斜18~25度程度と見込まれています。標準価格も同じに設定されているため、KINTONEクラッシックを希望するというユーザーは、そのシンプルなデザインに魅了されている人が多いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)